自信を持ってスキルアップ

防犯に対する意識が高まってきています。
いわゆる「安全神話」が崩壊してからこの国も以前ほど、安全ではなくなりました。
自宅への不審者対策として最近は、防犯カメラを設置している家も近所に沢山あります。
しかし、防犯カメラはメンテナンスが大変ですし、値段も安いものではありません。
そんな悩みを解消してくれるのがダミー型の防犯カメラです。ダミーではありますが、不審者の抑止効果は十分すぎるほどです。

インターネットに接続するとき、以前はマニュアル片手にIPアドレスの設定など手動で細かくしなければならず、なかなかパソコンに詳しくない人にはつらいものでした。
でも、今ではケーブルを差し込むだけで、何もしなくてもインターネットに繋がってしまいます。

本当に便利になったものです。
笑っちゃうくらい簡単ですね。
それでも、やはり慣れていない方にとっては難しいらしいです。
パソコン販売店などではそのような方たちに向けて出張サービスなどもしています。慣れてしまえばこんなものかというところですが、その感覚はなかなかつかみにくいようです。
また、接続後もウイルス検索ソフトのアラートにおびえて閲覧を踏みとどまってしまうような場合もあるようです。
確かに悪いソフトを組み込むような事件も起きていますし。
結局さじ加減に慣れるしかないのか、と思います。

ときどき、とても素敵な年齢の重ね方をしている女性がいます。
実際は50代くらいだったとしても30歳くらいに見えてしまう女性。

ようやく女の子の域から卒業したくらいの若い女性にとって、そういう女性は憧れてしまうものではないでしょうか。
背筋がピンと伸びていて、笑顔が素敵で、ときには凛とした風情で着物を着こなす…
そんな女性は、見ているこちらのほうまで背筋をピンと伸ばしたい気持ちにさせてくれます。
そんな素敵な女性たちの共通点。
それは「今」を「自分」を大切にして楽しんでいることではないでしょうか。
好奇心を大切にすること、体にいいものを食べること、自分の心に正直でいること。
もちろんお肌や髪など、自分に対するお手入れをちゃんとしてあげること。
そんな風に自分を大切に丁寧に扱ってあげながら人生を生きていくことが、素敵な年の重ね方をした女性になるために大切なことなのだと思います。
数十年後のいつか、憧れの女性になるために、素敵な今を生きていきたいですね。

あなたは「好きな小説家は?」と聞かれたらなんと答えますか?
いろんな答えが出そうですね。
私にも好きな小説家がいます、もう亡くなった方ですが…。
その小説家の趣味は釣りなんですが、その釣行記をエッセイに書いたりもしてます。
これって趣味と仕事を兼ねていて羨ましいですよね。
多くの人がそう思ってましたし、私自身もそうでした。
でも、その小説家はあるところで趣味を仕事にした、つまり、釣りを仕事に持ち込んだのは失敗だったというようなことを語っています。
どうも趣味の世界に仕事という領域が入ることにより、心から楽しめなくなったようです。
なんだかわかるような気がしますね。
最近、趣味を仕事にしようと言って、「趣味起業」なんかが盛んに言われてます。
でも、趣味は趣味、仕事は仕事、と分けていたほうが良いのかもしれませんね。

スイカ/桃…夏の到来を感じる食べ物も、いろいろあると思います。
しかし札幌に住む人々にとって、夏を感じる食べ物といえば…やはり「とうきび」です。
札幌大通り公園では7月中旬から9月まで、「とうきび」の香りで満たされています。

「とうきび」の食べ方も様々…蒸すと、より一層味が濃くなるという人もいれば、焼いたときの香ばしさがたまらない!という人もいます。
あるいは、冷めたとうきびも、なかなか美味しい…なんて言う人もいたりして、まさに味覚は千差万別です。
何故、北海道で作られる「とうきび」は、これほど味が濃い(=甘い)のでしょうか。
北海道は、気温の高低差が激しい土地柄です。
特に夜になると、急激に気温が低下します。
そのため、昼間作られた「とうきび」の糖分が、夜の呼吸で消費されないのです。
一度食べたら、来夏も待ち遠しくなる札幌名物:「とうきび」…日本一の甘さを誇る「とうきび」を、みなさんも味わってみたいと思いませんか。

草食男子という言葉が世間に登場してまださほど時間は経っていないはずだが、男子の草食化というよりむしろ女子化といえる男子の変化は、進化の一途をたどっているらしい。

スイーツ好き程度には収まらず、最近では、女性同様に化粧水等でのスキンケアやファンデーションを使ったベースメイクまでも行うようになっているそうだ。
もちろん腕などのムダ毛の手入れも怠らない。
そう、女子より腕がツルピカな男子がどんどん増加してきているのだ。
一昔前の男子といえば、腕も足ももじゃもじゃ。
人によっては、髭で口まわりももじゃっとしていたもの。
現在の男子となんと違うのだろう。
もし、このまま男子のツルピカ化が進めばどうなるのだろう。
ツルピカな腕、ツルピカな足。
顔の産毛も剃りはじめてどんどんツルピカになっていくに違いない。
全身を剃って最後に残るのは髪の毛だ。
ツルピカが好きな男子諸君は当然これも剃るのだろうか?
出来上がるものはスキンヘッド?あるいはお坊さん?

精神・技術・肉体の3つの要素が私たちの健善な社会と人々の生活を支えています。

心技体。
これは私たち日本人の独特な感覚だと思われますが、古来から引き継ぐ武士道精神によるものです。

つらい修行や鍛錬の中で、心と体が強く鍛えぬかれ、その結果、緻密で良い技術が生み出されるということなのだと思います。
この発想は現代人の我々も見習うべき事です。
現代社会に当てはめてみましょう。
誠実な心で社会と向き合い、逞しい体で事に臨むことによって、よりハイクオリティ-でダイナミックな仕事ができるということで、実際に周囲を観察すると、それは真実だということがわかりますね。
その健全性を生み出す要因として食生活が大きく関わっています。
幸いにも、山や川や海などの変化のある国土は私たちの食生活をバランスの良いものにしてくれています。
この環境が私たちの健康な心と体を支えてくれているのです。

家族の食事から体調を管理するのは母親としてかなり重要な役目だと思いませんか?
育ち盛りの子供がいるなら余計にそうだと思います。
牛乳飲むとか、運動するとか当たり前と思います。
うちは、食事でカルシウムとビタミンを摂ってもらいたくて!
毎月お米を農家まで買いに行くのですが、その時に米ぬかを頂きます。たいていくれますよ。
これでタケノコ煮るのは普通ですけど、うちは違います。
実は米ぬかでカルシウムふりかけを作ります。
ちゃんと栄養士の免許を持っている方から聞いた方法なので安心です。
作り方は簡単!まずフライパンにだし用の鰹節を一袋カラ炒りします。ゴマも炒ります、桜エビも入ると美味しいです。
最後に1カップの米ぬかをフライパンに入れてよく炒ります。
全体に火が通ったら、鰹節、ゴマ、桜エビ、米ぬかを混ぜて冷まします。
冷めたら小分けして保存。美味しい栄養食で子供も元気ですよ。

 

あなたがキャリアをある程度積む事ができたら、
引っ越しをおすすめします。
というのも、一つの住居に住んでいると、どうしても考え方、感じ方が固定してしまうものなのです。
新しいアイディアを得るために今の住居をマンション査定に出し、ステップアップをはかるのも良いでしょう。
引っ越しがアイディアの掘り起こしに良いのは、持ち物の取捨選択をするからです。
一つ一つマンションで荷物をダンボールに詰め込んでゆく過程で、あなたが今何を一番必要としていて、
何を不要としているのかがくっきりと分かります。
こうする事で現在の自分が等身大で見えてくるようになるのです。

不老長寿は、太古から人々が希求してきましたが、いまだに手に入れることのできないものです。
でも、医学の進歩は多くの人に長寿をもたらすようになりました。
そのせいで、病院は常に満杯です。
長寿。
このこと自体、とても素晴らしいことだと思います。
でも、単に長生きすることに意味があるのでしょうか?
これは人それぞれの価値観で何とも言えません。
でも、老いて容貌がどんどん衰えるというのは哀しいですよね。
放置していれば老化のなすがままになります。
やはり、老いても自分の容姿を気にしていたいものです。
これは女性だけではなく、男性もそうです。
老いてから現れてくる容姿はその人の人生そのものを語っています。
つまり風貌に人生が見え隠れするわけです。
みっともない容姿はみっともない人生を想像させます。
注意しましょうね。

呼吸法を変えていくだけでも立派な一つのダイエットになるのをご存知ですか?
生きている限り、人は呼吸し続けるもの。
是非ダイエットにも生かして頂ければと思います。
呼吸法には胸式と腹式の2パターンがありますが、今回取り入れてほしいのは腹式呼吸の方です。
まずは姿勢をきちんと正します。
頭~首にかけて軽く前にカーブし、背中はやや後ろにカーブ、腰は少し前にカーブしている状態が良い姿勢です。
肩には力を入れずに、自然に下がっている状態にしましょう。
鼻から息をゆっくりと吸って、お腹が膨らんでくるのを実感して下さい。
そして口から少しずつ吐き出します。
この時、お腹に溜まった空気をすべて吐き出すイメージで行いましょう。
腹式呼吸は腹筋を使用し、横隔膜の上下による内蔵刺激・酸素を十分に取り込むことによって基礎代謝のアップが期待されます。
気が付いた時に行えばよいので、意識して腹式呼吸に取り組んでみて下さい。